ザブ吉さん!お気楽競馬日記

「馬券ブログパーツ」の管理人による競馬ブログ

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

2011-01-12
2011競馬全般
最近の新聞などの競馬ニュースでよく見られる言葉で

 最強の●●

 幻の●●

といったよくよく見ると非常に曖昧でいい加減な主観たっぷりな表現
こんな言葉をスポーツ紙の1面にドカッと載せていいものなのか・・・
この間見たので、

 最強の2勝馬

なぜ2勝で最強といえるのか?意味がまったくわからない。
特にこの表現が近年話題だが、

 伝説の新馬戦

リーチザクラウン、ブエナビスタ、アンライバルド、(スリーロールス)のときあたりからか
よく耳にするようになりました。
これも個人的に非常に嫌いな表現。
伝説でもなんでもない気がするのは私だけでしょうか・・・

最後に

 実質勝ちに等しい

予想家が記事内でよく用いる表現だが、実質とは実際にあったことのことなので、
負けは負け。
コースロスを要因に挙げたとしても、それはその馬の能力の問題。
出遅れたならスタート能力がなかっただけのこと。
これはペルーサやヴィクトワールピサなんかは、よく言われていたように
人気が先行しがちな馬にいわれる傾向です。

私は、ペルーサやヴィクトワールピサはそのときそのときで最大の力を発揮していると
思うし、天皇賞のペルーサやジャパンカップのヴィクトワールピサは
あの時点で最大の力を発揮して負けたのだと思っています。
それぞれ「実質勝っていた」などと絶対言ってはいけない言葉のように思います。

少し熱くなってしまいすいませんでしたが、
最近の一部競馬の記事の情報の希薄さ、いい加減さ、が我慢なりませんでした。

適当に書くなら、お金を取らないで欲しい。お金を取るのだからきちっとした情報を
掲載して欲しい。

とはいいつつも、東スポを毎週買ってしまいます・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 競馬日記
ジャンル: ギャンブル

トラックバック

競馬超勝率:パパのなんやかんや日記 競馬回収率(2010)

競馬:パパのなんやかんや日記 競馬回収率(2010)2011年の競馬がスタートしました ここで 2010年の回収率の発表です 購入 123000円 払戻 112810円 回収率は・・・ 92% 100%切...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 競馬サブ吉 All Rights Reserved.
ブログパーツ助っ人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。