ザブ吉さん!お気楽競馬日記

「馬券ブログパーツ」の管理人による競馬ブログ

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神JF その1

2010-12-08
2010G1レース
今週は、阪神ジュベナイルフィリーズ です。
昨今はこのレース、かなり固めの結果が出ているので、予想のしがいのないレースと
思っています。
ですが、牝馬クラシックを闘っていく上での登竜門としては、これ以上ないレースとも
思います。

<最近の勝ち馬>

09 アパパネ (牝馬4冠)
08 ブエナビスタ (G15勝 実質6勝)
07 トールポピー (オークス馬)
06 ウオッカ (G17勝)
05 テイエムプリキュア (エリザベス女王杯2着)

こう見るとすごいですね。
活躍した馬ばかりです。

今回の阪神JFの注目馬は、やはりこの2頭ではないでしょうか

ダンスファンタジア(母ダンスインザムード)
レーヴディソール (母レーヴドスカー)

ダンスファンタジアはファルブラブ産駒なので距離がそんなに長くは持たないと思っていました。
ですが、1600mの前走を楽勝していたので今回もいける可能性は高いでしょう。
ただ、前走で過大評価するのは早計と思います。
今回は1、2番人気を背負って狙われる位置にいるので、あまり大きな期待はしない方が
いいかもしれません。

レーヴディソールは、悲劇の一族の期待の牝馬。デイリー杯を勝ったことでこの一族では、
最も強い。といわれることでしょう。
イマイチ勝ち切れなかったレーヴドリアンは父がスペシャルウィークでしたが、
この馬はアグネスタキオンでよりSSらしい感じの馬のように感じます。
1600mではかなり本命でしょう。

この2頭は1,2番人気でオッズを吸ってくれそうです。
これ以外にもいい馬が何頭かいますので、気になる馬を取り上げます。

ピュアオパール(父ロックオブジブラルタル)
この馬を真っ先に上げた理由は、
1、新種牡馬ロックオブジブラルタルで未知の魅力がある
2、前走1200mの勝ちタイムが1分8秒ジャストで1600万下以上のタイム
です。
特に2番目の勝ちタイムは秀逸。自身で逃げてこの結果なので非常に優秀と推測できます。
主戦の内田騎手も距離に不安は感じていないようなので、ここでも楽しみです。
不安な点はこれまで1600m未満しか勝利してこなかった馬は、勝てないということ。
やはり1600m以上の経験は重要ということでしょう。それを乗り越えていって欲しいです。

次にアドマイヤセプターとグルーヴィクイーンの従兄弟組。
まったく血が同じなのは非常に面白い、ワンツーフィニッシュもありえそうですね。
こういったケースは珍しいので、先週のヴァーミリアンVSキングスエンブレムと同じく、
どちらが強いのか、楽しみです。
ちなみにこの馬は両方とも小柄。特にグルーヴィクイーンに至っては400kg切ってますから、
驚きですね。

最後にレインボーシューズをピックアップ
府中の2000mのレースを33秒の最速上がりで0.2差つけて快勝
レースの3,4着馬は既に勝ちあがっており、かなり有望な馬と見ています。
父がコマンダーインチーフということもあり、あまり人気はなさそうですが、
キングヘイローと同じくダンシングブレーヴの血脈を受け継いでいますので、
大物を出してきそうな気がします。

サンデー系牝馬とも相性はいいと思うので、どんどん活躍馬を出して欲しいんですが、
いかんせん、キングカメハメハの人気が強い。キングはキングでもキングヘイローは
あまり人気がないのが残念。
スペシャルウィークよりも、キングヘイローの方が血統的には圧倒的に上だと思うんですが、
生産界事情はあまりよく知らないので、知っている人がいたら教えて欲しいです。

このスペシャルウィークがいた世代は、大物を出す傾向が強いですね。
グラスワンダー、エルコンドルパサー、キングヘイロー、スペシャルウィークと
種牡馬になっても活躍するという素晴らしい馬たちが揃った黄金世代なんだと今更ながら感じました。

まだまだ書きたい2歳戦ですが、次回に回したいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 競馬の予想結果
ジャンル: ギャンブル

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 競馬サブ吉 All Rights Reserved.
ブログパーツ助っ人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。